土用の丑の日にうなぎの蒲焼きを食べることが日本の習わし!

日本の水産庁はうなぎを2014年に絶滅危惧種に指定したが、今までの30年間に、シラスウナギの数は減少の一途を辿りました。流通している天然ウナギは少なく、市場に出荷されるのは、シラスウナギを捕獲して育てた養殖ウナギだ。ウナギの養殖業者は、日本・中国・韓国・台湾などにいるが、シラスウナギの漁獲量が年々減ってきている。報道によれば、今年のシラスウナギの数は前期の1%程度と歴史的不漁になっており、取引価格も高騰している。最近まで、色んな所で、いろいろなうなぎを食べてきました。 ゴムのような硬いウナギを食べて、何度も捨てた経験があります。そういったこともあり、通販でうなぎをお取り寄せするなら、味、安さとも「うなぎ通販」がトップだと考えてます。うなぎ通販ホームページの美食市さんは、味のほかにも、品質と安全性に拘りを持っておられます。いくら値段が安くても、美味しくない鰻では、お金をドブに捨てるようなものですうなぎはウナギ科ウナギ属の呼称です。うなぎといえば白焼きなど日本の食文化と浅からぬ関わりを持つ魚と考えられがちですが、本当は世界の熱帯・温帯地域に広く分布する魚で、18種類以上に分類されます。日本では、二ホンウナギとオオウナギの2種類しかいません。うなぎ料理にニホンウナギが使用されます。一方、オオウナギは名前の由来通り、全長2m、体重20kgにおよぶ大型のうなぎで九州や西南諸島では食材利用されています。高級うなぎだけを取り扱う有名通販ホームページは、厳選された独自の仲卸業者を持っているのです。加えて、自社で養殖から販売までを手掛けることによって、うなぎの素材のみならず、技と味が芸術的なうなぎ通販ショップが多く存在します!上質なウナギを確保・供給が可能で、値段的にも一定している通販ショップは美味なうえ安全で、さらに上質な愛知県産ウナギを、すぐに自宅で安価に食べられるので、うれしい限りです「美味しさ」とは、時代によって変化する可能性があるものです。この頃、巷には中国産の鰻があふれかえり、若い世代は中国産のうなぎの味に毒されています。彼らの中には、極上の「うなぎの蒲焼き」を頂いたことがないと言う人が多いと思います。これは何を表しているのか?日本特有のうなぎのおいしさがわかる若者が少なくなり、うなぎの味のベーシックは「中国産のウナギ蒲焼」になっているということです。大げさな言い方だが、これは「日本の食文化の非常事態」だと想定されます。極上うなぎの蒲焼きの食べかたは、お客様がたくさんおりよく回転する、いそがしい繁盛店を選ぶことが大事です。蒲焼きの味を高めるものにタレがある。そのうえ鰻のエキスが絶妙に溶け込んだタレほど、うまさを増すのであります。また、蒲焼は温かいうちに食べることが肝要である。冷えるとまずいものです。そこで、長い経験から生まれた工夫で、鰻を入れる器を湯で温めて出す所もある。ウナギを食べる風習については諸説あり、江戸時代に平賀源内が発案したという説が有力です。それによると、商売が下手な蒲焼き屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行った。平賀源内は、「今日丑の日」とのれんに書くことを勧めた。すると、そのうなぎの蒲焼き屋はとても繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日にうなぎの蒲焼きを食べることが習わしになりました。引用:うなぎ 通販 ランキング