クレアチニンを下げる食事として加工品や塩分多めの食品は除外しましょう!

一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、病気と無縁の生活状態を意識することで健康な人と同じように生活する事が可能です。ところが、腎臓病の中にはかなり進行するまで自分ではなかなかわからなかったりするので、予防がなかなか難しいのも現実です。例えば、いつもとはちがう尿が出た場合は、すぐに医師へ相談しましょう。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなっていますから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。一日における排泄物を検査し計算をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。一般的な野菜ジュース(手作りすると美味しいですね。手作りの味に慣れると、人工のものは飲めなくなるともいわれます)は、材料を濃縮し加工しているため、生の野菜や生の果物と違ってカリウム含有量は極めて高いものが多いです。そういったわけもふくめて、もし腎機能が健康でない患者さんが、普段からよく野菜ジュース(手作りすると美味しいですね。手作りの味に慣れると、人工のものは飲めなくなるともいわれます)を飲んでいると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大切です。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半数であるせいで、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリーが取れないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。腎臓の機能に異常が顕れた時は、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能の低下を防いだり、遅らせたりする事が可能です。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身の要望に沿った最新の治療が期待できます。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を創り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私たちの体のために重要な役割を担っています。腎臓病治療は当然病院でそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、日常的に健康的な生活を意識する事が大切です。私たちの腎臓はソラマメに似た形をしており左右に一個ずつ、腰の辺りに存在します。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものがあまた密集している場所でもあります。この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、さらに、赤血球を造るホルモンや血圧のバランスを整えたり、骨の組織に関係するホルモンを形成するなどの私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。標準体重を約60kgと仮定すると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品に含まれている蛋白の量についてはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で具体的に応用した食事を造ることも可能です。仮に開業医さんに食事指導を受け付けて貰えなかったら、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。食塩を制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などは、天然のだしを聞かせましょう。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができるんです。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に市販でも購入できる「低たんぱく質食品」があります。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみて下さい。腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると腎不全へと推移します。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、長い期間を経て徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。急性腎不全では、適切な治療を行って腎臓の機能を悪化指せた原因を取り除くことができれば、腎機能の回復が見込めます。慢性腎不全については、その特徴により腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。こちらもどうぞ>>>>>クレアチニン 下げる 食事