お年寄りのフレイル(虚弱)状態の問題を介護食宅配サービスで解消

病院で出される食事は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、美味しさもその見た目もあまり良いものではありませんでした。入院中のお年寄りのごはんが進まなかったのは噛めないのではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、自宅で作る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなごはんは出さないと心に誓いました。入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後の食事について伺ったら、柔らかいものであれば何でも好きなものを食べても良いと言われました。三食を小分けにして冷凍庫で保存しておくと用意に時間がかからなくなるでしょう。体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、骨格筋の動きの良さを保つために質の良いたんぱく質を摂ることを心がけて下さい。そこで良質なたんぱく質を効率よく摂取できる食材としてオススメできるのが卵と豆腐ですので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、卵や豆腐で変りに補うことが出来るんです。たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違うアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素がふくまれているため、毎日さまざまな食品を食べている人は高齢になっても筋力などの衰えが少なく、いつまでも健康でいられるそうです。介護食は食べやすい状態にすることは持ちろん、介護する側も食事を用意する負担を減らすためにも、調理器具を使うことをオススメします。介護食の特性は柔らかく、なめらかな食感、咀嚼しやすいサイズです。フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、すりつぶした状態にするなど必要な用途に合わせて使えるので役に立ちます。そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることもできます。さらになめらかにするときには、裏ごし器を使ってより舌触りをよくすることをオススメします。加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、水気の多いものが飲み込みづらいといった問題に直面します。介護用食品はどれだけ歳を取っても食事を楽しめるために、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあります。家庭で介護食を作ることは決して容易なことではありません。介護のための食品は、心休まる瞬間を作る手助けになったり、日々頭を埋め尽くす献立の問題も解消できるかもしれません。当事者も身の回りのお世話をする方も、どちらにすさまじく嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。介護施設の食事は栄養士がバランスのとれたメニューを考え、丁寧に調理されたものを出していますが、嚥下(飲み込み)や咀嚼(噛む)の機能が低下している方の場合は、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。そしてさらに施設によってはどんな食材かわからないほど細かく刻まれた食事ではなく、「ソフト食」と呼ばれる、食べ物の形もはっきりとしてなおかつ舌で簡単に押しつぶせる料理があり、どんなに噛んだり飲んだりする動作が難しい方でも、食事を味わえる調理方法を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。フレイル、それは以前に比べて体重が落ちた、疲れやすくなった、思うように歩けないといった様子がみられ、このまま悪くなり続けると介護が必要になってしまう可能性が高い状態をいいます。そしてフレイルの状態は、「サルコペニア」といわれる筋肉量の低下や、骨や関節そして筋肉がうまくはたらかなくなったことが原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)で歩行や日常生活に支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態に繋がってしまいます。これら全ての原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)となっているのが栄養不足なのです。食べる力は加齢や病気によって衰えます。食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、食べる力は人によって異なるでしょう。問題なく食事をするための目安として介護食は程度によって分けられています。嚥下食ピラミッドは全ての食事を摂食・嚥下の難易度にあわせて、わかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで病院や施設だけでなく家庭でも安心して食事をとることができるようになるものです。介護食も普通食に対してと同様に、美味しそうな見た目のものが好まれます。どれだけムリなく食べられるかにとらわれ過ぎて、食事本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食に対する意欲が薄れてしまいます。食べ物がひとまとまりになりやすいか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。高齢者は唾液の分泌量が低下するため、口に含んだときに、口の中が乾いてしまうようなものは食べづらいです。そうは言ってもむせ込みの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)として水分の多さも挙げられるので、口にしやすい材料を使って、食事に無理のない形状に創り変えます。「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、あえて手の込んだものは造らなくなってしまいます。そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみて下さい。食事をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆはごはんより水分が多いので、そのエネルギーは、立とえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫でその日に必要なエネルギーや栄養を足すことを心がけて下さい。年齢と共に顔の筋肉が下がってきたり歯がもろくなってくると、 嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。若い頃平気で食べていたものを思うように食べられず、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こす畏れもあります。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、柔らかいものなど簡単に食べられるものばかりを食べてしまったり、そもそもの食べる量が少なくなったりして栄養不足になっていることがあります。管理人のお世話になってるサイト>>>>>介護食 宅配